== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

ベタな青春小説!でも・・・『ぼくたちのアリウープ』五十嵐貴久

2005年のロケットボーイズなど、高校生の青春物も手掛けてきた五十嵐貴久の最新作は、高校のバスケットボール部が舞台。

ぼくたちのアリウープぼくたちのアリウープ
(2012/04/10)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る
主人公、斉藤順平は、バスケがやりたい一心で、無理目の文武両道の私立高を受験し、奇跡的に合格。しかしバスケ部は3年生の起こした暴力事件で一年間の対外試合禁止処分状態になっていた!おまけに2年生部員からは自分達以外は信用できないから、誰も入部は認めないと宣言され、わずかな入部希望者も雲散してしまう。

あきらめられない順平は残った入部希望者、ツルと供に2年生部員との試合での対決を申し込む!試合に勝ったら正式な部員として認めてもらう約束を取り付ける2人だったが、あと三人以上のメンバースカウトは難航。
約束の8月31日の試合に勝てるのか?


という、ベタな…、あまりにもベタな青春小説!
しかも集まってくる新入部員のダメダメぶりとかもふくめ、読者の期待を裏切らない、完全なる予定調和のスートーリー展開!


しかし、なぜだか読んでいて楽しい…。
あさのあつこの青春物を彷彿させる爽やかささえ感じられるのはディテールの上手さか?


例えていうなら、水戸黄門や暴れん坊将軍といったベタな時代劇を見ている時に、予定調和なストーリー展開よりも、印籠の出し方のシチュエーションや殺陣や役者の演技に目が行く様な感じ…でしょうか。
読者の興味がストーリー展開よりも、キャラクターの面白さやバスケの試合展開のディテールに向かうからでしょう。

体育館でのバスケシューズの軋みや、ボールのバウンンドの音、プレーヤーの息遣いが感じられる、描写が秀逸でついつい引き込まれてしまいます。

この辺は五十嵐貴久の青春小説の上手さを感じてしまいます。

ともあれ、読んで楽しいベタベタ青春スポーツ物です。気軽に読めるエンタメとしてお薦めです。
読後の感想・おすすめ度⇒★★★(青春小説がおすきな方にはオススメ)
スポンサーサイト

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 20:28:56 ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

美術界の内幕が垣間見える『楽園のカンヴァス』 原田マハ

『カフーを待ちわびて』『ランウェイ☆ビート』などの話題作を発表してきた著者の最新作は、山本周五郎賞を受賞をした、またまた話題の作品です!

楽園のカンヴァス楽園のカンヴァス
(2012/01/20)
原田 マハ

商品詳細を見る
原田宗典さんの妹でもある著者。もともと作家をめざしていたのかな?などと勝手に思っていたのですが、さにあらず元々キュレーターとして活躍されMoMAに勤務していたこともあったのですね。

本作ではそんな著者の経験と知識がいかんなく発揮された、絵画をめぐるミステリー…。
ストーリーの中心となるのは、アンリ・ルソーの「夢」という作品。


日本人にとってルソーの絵ってなじみ深いですよね。だって美術の教科書に「眠るジプシー女」とか「蛇使いの女とかが載っていたりするじゃないですか。子供心にも、ルソーの絵って想像力を掻き立てる様な力があって、印象に残るんですよね。ファンタジーさと物語性が日本人好みとでもいいましょうか。
私もご多分に漏れず、ルソーを知ったのは美術の教科書で、初めて現物を見たのはMoMAの改修工事中に、作品を借り上げて上野でやったMoMA展の時です。


さて、本作の話の始まりは、まさにMoMAの改修に合わせてルソーの作品を日本に借り出そうとしている2000年の日本から始まります。
日本の美術館の実情やMoMAのキュレーターの日常など、我々が知らない様な業界ネタもあって一気に話に引き込まれて行きます。

ストーリーの中核は、回想として遡る1983年のスイス・バーゼルが舞台。
伝説のコレクターが所有するルソーの夢と瓜二つの作品「夢を見た」の真偽の鑑定をめぐって早川織江とティム・ブラウンの2人が対決するという展開。しかし鑑定対決といっても作品をルーペで観察して…というのではなく、作品とルソーについて書かれた、創作とも真実とも判別のつかない7章からなる物語を読んで判断を下すというもの。
史実に基づいて描写されるルソーの製作過程のお話は、ピカソアポリネールといった実在の人物が登場する、なかなかリアルな展開で、“謎”にグイグイ吸い寄せられる快感が味わえます。
ラストの方は、ちゃんと読者を楽しませてくれる、ドンデン返しも用意されており、素敵なエンタメになっています。山本周五郎賞にハズレナシ!という訳ですね。


なんですが、ただ正直なんというか、私的にはストーリーに没入できない面もあったことは事実です。謎の設定の素晴らしさと重厚さに比べて、登場人物の感情変化がやや唐突というか平板というか…。対立してたかと思うと、なんか急に親切になっちゃったり、ぇもう恋しちゃうのか?みたいな…。
韓流ドラマを見た時に感じる様な違和感を若干感じた次第です

つまりこれは私が単にオジサンだから!という事かもしれませんw

ラストに向かって甘いラブストーリーの感じが強まっていくので、女性向きなのかも知れません。

なんだかんだいっても、20世紀初頭パリの美術界の熱気と現代美術界の欲望が絡み合う展開は十分読みごたえがありますので、ぜひご一読を!
読後の感想・おすすめ度⇒★★ ★ ★(美術ファンもそうでない方も楽しめる!)

┃ テーマ:最近読んだ本 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 22:25:25 ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

オーデュボンの猫?『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎

 伊坂幸太郎の最新作!
オビによれば10冊目の描き下ろし長編小説なんだそうです。あれ?もっとあった様な気もするんだけど…。


夜の国のクーパー夜の国のクーパー
(2012/05/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
私にとって、伊坂幸太郎とは、作品によって好き嫌いの分かれる作家なんですね。
『オーデュボンの祈り』ゴールデンスランバーとかは好きな作品で、『ラッシュライフ』『陽気なギャングが地球を回す』とかは、イマイチ入り込めない感じがしました。


さて本作は、仙台からつり船で出航した男が難破してたどり着いた異世界は、猫が人間の言葉を話す不思議な国でした…という舞台設定になっており、物語は猫のトムのモノローグから始まります。
伊坂ファンなら、いやがうえにもデビュー作『オーデュボンの祈り』を思い出してしまうところでしょう。あの島でしゃべるのは、猫ならぬ案山子でしたよね。
という訳でおなじみの人型シルエットも今回は猫と男の2パターンが出てきます。


舞台となる国は、中世都市を思わせるような防壁に囲まれた小さな小さな街で、そこに暮らす支配者、冠人、酸人と、被支配者である善良なる住民が暮らしている。そこへ戦勝国として鉄国の占領軍が支配者として乗り込んでくる。
並行して猫に駆られる存在の鼠と、鼠を狩る立場の猫の対話の話が語られ、
全体のバックには、杉の木が変異して動き出す化け物クーパーと、それを倒す為のクーパーの兵士の物語が、伝説の様に挟み込まれていく。


例によって伊坂ワールド独特の、個別の要素を組み合わせてゆく鮮やかさはありますが、今回は時間軸をつかった細かな伏線の展開といった手法は、殆どとられず、かなりオーソドックスに(伊坂幸太郎にしては)ストーリーは展開して行きます。

最後の方にはちゃんと読者を楽しませてくれるヒネリも入っていて、
国家・支配・権力といった重たいモチーフを軽やかな文体でエンターテイメントにしてしまうところは、さすがであります。


物語としては面白い…。
でもでも、正直『オーデュボンの祈り』を読んだ時の様なワクワク感はあまり感じられませんでした。
おそらく、小気味よいテンポ感がない事と、とラストの盛り上がりがもうひとつ…と感じたためだと思われます。
まあ完全に個人の好き嫌いの問題でしょうが。


そうは言っても、読みやすく且つ読み応えのある長編小説にまちがいありません。
特に伊坂ファンなら絶対読むべき一冊!と太鼓判が押せるのでした。
読後の感想・おすすめ度⇒★★ ★ ★(猫好きの方にもオススメです!)

┃ テーマ:読んだ本 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 23:35:15 ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

バガボンド休載の裏側!『空白』井上雄彦

人気漫画バガボンドが休載となった2010年12月から連載が再開した今年の3月の間の、著者「井上雄彦」のリアルタイムの心情を、数回にわたるロングインタビューで解き明かしてゆく興味深い一冊。

空白 (Switch library)空白 (Switch library)
(2012/05/10)
井上雄彦

商品詳細を見る
2010年初頭に著者自身がHPでバガボンドの年内終了をほのめかした事から、ファンの間でちょっとした騒ぎとなったことは記憶に新しいところ。

そもそも、バガボンドの終了をほのめかした背景には、『スラムダンク』のラストが一種の成功体験になっていたことがあるらしく、以下の様に語っています。


『スラムダンク』のラストのときのような状態に自分が入っていくことを期待して、いろいろまわりから作っていったけれど、そうはならなかった。結局ワクワクしてこなかったんです。まだ「そのとき」ではなかったんでしょうね。僕が勝手に、「今がその時」と決めつけていたんでしょう。(本文p.178)

自分を追い込み過ぎてしまった結果は、極度のストレスとして著者自身に襲い掛かり、めまい・頭痛・目の変調といった症状から、ついにバガボンドの制作が不可能な体調へと追い込まれてしまいます

バガボンド休載中のインタビューで「今は症状はないのですか」という問いに

仕事をしなければ、ないんです(笑)(本文p.40)

と答えている様に、メディカル検査の結果も、脳・心臓ともに異常なし、というから、原因はあきらかにバガボンドにあった、という事でしょう。

興味深いのは、バガボンド休載期間中も『リアル』の連載は続けられていたという事。
両者の違いについて井上雄彦によれば、


「リアル」については

『リアル』は「普通のもモノ作り」といえばいいんでしょうか。材料が目の前にいくつかあって、僕はそれを料理するというか、組み立てる。そういう工程が「リアル」なんですね。(本文p.107)
「リアル」に関しては、いわゆるマンガの作り方というのか、そういう「作り方の過程、工程」を、ここ最近ものすごく丁寧にやっています。
(本文p.108)

一方「バガボンド」については

『バガボンド』はもっと個人的なものなんです。そこに方程式のようなものはなくて、自分としてはマンガを描いているのかどうか、それすらもちょっとわからないような感覚があります。(本文p.107)
『バガボンド』を描くときは「絵的な挑戦」があるんです。(本文p.106)

漫画化として、漫画作品として描いている『リアル』に対し、個人としての井上雄彦の内面から湧き上がる一個の挑戦が『バガボンド』といった所でしょうか…。だとしたら心身が擦り減るのも、当然な気がします。
この様な井上雄彦の姿勢が武蔵の姿にダブッて見えてしまうのは私だけでしょうか…。


休載中の注目すべき活動に東本願寺へ納品された親鸞の屏風絵があります。
制作は難航し、正にデッドラインぎりぎりの2011年3月10日に東本願寺へ発送されるが、翌日に大震災が起きるというのも、何か運命的なものを感じます。その後この屏風絵は今年3月に被災地、大船渡のお寺で再度公開されるのですが、井上雄彦は現地で公開直前まで筆を加えています
屏風を眺める地元の人たちが、その前に立ったり座ったりして、手を合わせたり、あるいは涙を流したりしていたという話には感動しました。


本書のなかにその写真が載っていますが、是非実物を見てみたいものです。是非首都圏でも公開をお願いしたいものです!

結局『バガボンド』は連載ペースを月一回へと変更し、今年3月に連載を再開しました。
この先のストーリー展開はまったく手さぐりの状態の様ですが、武蔵のごとく、道を進んでゆく井上雄彦の今後には期待が高まるばかりです。


読後の感想・おすすめ度⇒★★★(井上雄彦ファンのみならず、すべてのクリエイター系の方は絶対読むべき!)

┃ Tag:井上雄彦

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 21:31:57 ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

50年ぶりの復刊!『近代日本の文学史』伊藤整

昭和33年(1958年)に光文社のカッパブックスの一冊として刊行されて以来、ながらく絶版状態だったものが、実に50年ぶりの復刊!となりました。今度の出版元は、知る人ぞ知る、吉祥寺で島田潤一郎氏がたった一人で切り盛りされている小さな出版社、夏葉社です。

近代日本の文学史近代日本の文学史
(2012/04/20)
伊藤 整

商品詳細を見る
伊藤整&カッパブックスといえば『文学入門』の方はタイトルだけは知っていたのですが(読んだことありません、恥ずかしながら…)同じカッパブックスでこのような本が出版されたいたとは全く知りませんでした。

本書を読んだ印象として、明治期迄を扱った第9章までと大正期以降の10~16章とで、ややニュアンスの違いを感じました

前半部分については著名な翻訳家でもであった著者が、英文雑誌JapanQuarterlyに日本文学の紹介として連載したものを日本人読者向けに書き改めたものである為、かえって現代の我々には非常にわかり易い文章になっています。
江戸期から始まり、幕末明治の混乱期、坪内逍遥や二葉亭四迷の黎明期を経て漱石、鴎外の時代へと向かう内容は、実に面白く、文学史というより、歴史物語として十分楽しめます。
単に各人の作家その人についてだけでなく互いに受けた影響について、時間軸の縦糸と同時代人の交流を横糸として織りなす文壇模様がくっきりと浮かびあがってくるサマには、ある種のワクワク感さえ覚えます。


山口昌男のいうところの“知のネットワーク”のような、明治期の文士のネットワークが俯瞰できるわけです

さて後半部分については、帯の背にある“文学の教科書”というコメントがぴったりの内容。
作家と作品について淡々と網羅的に述べる傾向が強まり、文学史のインデックスとしての様相を示します。


これは、大正期以降の大衆文化の勃興による作家の大量出現のみならず、著者自身が序文で述べている様に、本書執筆時点では大正期以降の作品への評価が未だ不安定であった為、独断を避け網羅的方法をとった、という事らしい。
したがって、正直言って、前半と違い物語として読み進めるのは少々苦しい内容ではあります。


しかし、斜め読みでも、自分の知らなかった作家や作品に巡り合える楽しさは、味わえます。
私の場合、横光利一についてほとんど何も知らないことに気づかされたので、今度彼の『機械』を読んでみようと思います。
また、戦前の文学というと、高校あたりの日本史教科書の刷り込みがきいているので、例えば…
幸田露伴=紅露時代=明治の人みたいな紋切型名的認識しか持ってなかったのですが、幸田露伴って晩年の傑作と言われる『連環記』という作品を発表したのは、昭和15年!だったんですねぇ。ビックリ!
というような意外な発見もあるはずです。


本書が長い間復刊されなかったことについて、巻末で荒川洋治さんが、記述が1958年で終わっている為であろうが、実質的文学史がここでひとまず終わったと見る人には十分であろう、と述べていますが、全く同感です。
1960年代以降になると、純文学、中間小説、大衆小説といったジャンル事体が溶解して行き、近代というより現代と認識されると思うので…。


ともあれ、こうした名著を復刊された夏葉社さんのセンスと勇気に拍手を送りたいと思います!パチパチパチ
読後の感想・おすすめ度⇒★★★  (文学フリマを覗くような人は 必携!) 

┃ Tag:近代日本の文学史

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 21:46:44 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。