== 小説・エッセイ ==

定番にしてゴージャス『マスカレード・ホテル』

東野圭吾作家生活25周年刊行第3弾!刊行ラッシュのトリが本書『マスカレード・ホテル』です。
マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る

連続殺人事件の次の犯行現場と予測された一流ホテル、コルテシア東京。犯行阻止の為に刑事、新田がホテルマンに偽装して事件解決に奔走するという物語。
 
主人公新田の登場の仕方がチョットこてこて感があったので、これは有川浩バリのラブコメ路線か?と心配しましたが、話の進行とともに落ち着いてきます。ミステリーファンなら少し読み進めるうちに、“おっ。これは、ホテルの宿泊客を巡るサイドストリーがいくつかあって、最後にそれが絡んだ上にどんでん返しのパターンかな?”と想像できると思いますが…。読者の期待を裏切らないドンピシャの展開となりますw。
しかも物語は、新田とホテルウーマン山岸の対立から和解への物語未熟な新田の成長物語暗号の謎解きどれも王道中の王道を軸に展開します。いわば手堅く、定石を些かも外さないコンサバなストーリー構成と言っていいでしょう。並みの作家なら新鮮味のないつまらない話になってしまいそうですが。

さすがは東野圭吾!見事な娯楽作品に仕上がっています。うまいなぁ。

なぜ、魅力的な話になっているかというと、
まず第1に豪華なホテルという魅力的な舞台設定。そこでプロフェッショナルに働く山岸の話は、石ノ森章太郎の『HOTEL』(ドラマにもなりましたね)を想像していただければ判ると思います。もうこれだけで十分面白い訳です。
第2に一つ一つのサイドストーリーに東野圭吾らしい“ひねり”が効いていて一気に物語へ引き込まれてしまう事。
第3に新田、山岸、能勢のキャラが立っていて魅力的な事
それらが実にバランス良くまとまっており、読み手を飽きさせずに、先へ先へと誘います。またラストの方では次第にタイムクライムの様な緊迫感が迫ってきてドキドキの展開になります。

あと余談ですが、片岡忠彦さんによる本書の装丁がなかなか魅力的なものになっています。ぜひカバーを外して地肌の表紙をご覧あれ。あと見返しが金色で、扉が見開きでゴージャスな夜景になっているあたりもニクイですね!


そんなこんなで、話を戻すと、能勢のバックグラウンドに謎が残っており、そのうち続編も?との期待も抱かせる娯楽ミステリー秋の夜長にオススメの一冊です!
読後の感想・おすすめ度⇒★★★★(読書の秋のお供にぜひ!)

┃ Tag:東野圭吾

┃ テーマ:最近読んだ本 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:0 ━ 23:07:01 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/22-55e606dc
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next