== 小説・エッセイ ==

いいかも?『ビブリア古書堂の事件手帖2』三上延

北鎌倉の古書店を舞台に繰り広げられる、本にまつわるライトノベルミステリーの第2弾。
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る

岡田斗司夫が、歳を取るとアニメを見るのは疲れるのであまり見ない!まどかマギカが10年後も評価される様なら見るだろう…。てなことを言ってましたが、その論で行くと、私の様なオジサンにはライトノベルというものが、読むと疲れると言うか胃にもたれる感じで、ちっともライトではなく、やや苦手なのです。

前作は、なかなかの評判で且つ本を巡るミステリーという事で、読んでみたのですが…。
これが、なかなか面白く読むことが出来たのでした。全体にラノベ色が薄目なことと、古書の持つ物語性を話の中心へ持ってきた事で、オジサンにも読めるラノベに仕上がっていま。ただ主人公“栞子さん”のアニメチックな人物描写は、やや胃にもたれましたが。

前作は栞子さんが入院中の病室を出ることなく、エルキュール・ポアロばりに灰色の脳細胞を使って、古書にまつわる謎を解いてゆくミステリーでしたが、第二弾の本作は謎解きのウェイトがやや下がり、その分古書を取り巻く人物模様が厚みを増した感じがします。
著者の筆がこなれてきたのか、読み手のこちらが慣れてきたのか、栞子さんのキャラにも前作より抵抗が少なくなり、一層読みやすくなりました。
また前作で取り上げられた古書は、漱石、小山清、太宰といった直球勝負系でしたが、今回は時計じかけのオレンジ、司馬遼になる前の福田定一、藤子不二雄を名乗る前の足塚不二雄のUTOPIA等、ひねりが効いていて且つオジサンには興味深々の物が取り上げられており、その意味でも面白く読めました。

時計じかけのオレンジは高校の頃リバイバル上映されたスタンリーキューブリックの映画を思い出しました。原作の方は読んだことが無かったのですが、ラストにそんな秘密があったとは!

藤子不二雄が足塚不二雄の名前でそんな作品を書いていたのも知りませんでした。オリジナルは無理にしろ、復刻版が出ている様なので、読んでみたいですね。本作を読んだらきっとアナタもそう思いますよ、きっと!

さて二作目にして、色々話の伏線がはられてきました。展開の仕方によっては、かなり重厚なストーリーにも持って行けそうなのですが…。でもそれじゃラノベじゃないか!?
何れにしろ、続きが楽しみな展開になってまいりました。

有川浩や東川篤哉がお好きな方におすすめしたいシリーズです

読後の感想・おすすめ度⇒★★★★(オジサンでも読めました)

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:0 ━ 21:14:40 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/29-b13671dd
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next