== 小説・エッセイ ==

ジョーカー・ゲーム最新作!『パラダイス・ロスト』 柳広司

日本陸軍内に“魔王”結城中佐の手で秘かに設立された諜報組織“D機関”をめぐるジョーカー・ゲームシリーズの第三弾!

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2012/03/24)
柳 広司

商品詳細を見る
第1作が支邦事変が始まる昭和12年頃からスタートし、前作ダブルジョーカーは真珠湾攻撃勃発の昭和16年12月のアメリカ西海岸で終わっていました。
第3弾の本作は時間が数か月巻き戻されて、欧州でフランスがヒトラーに降伏した後、日本の対米開戦直前の緊迫した時期が舞台です。


本シリーズの魅力は何と言っても、頭脳戦による騙し合いを読み進めるうちに、我々読者が鮮やかに騙されてしまうところでしょう。散りばめられた話の伏線から、いやがうえにもストーリー展開を想像させられる様に仕向けられるが、実は伏線自体がギミックで、鮮やかに裏切られてしまう!
カタルシスとは正にこの事!という快感が味わえます。


佐藤優をして『日本にインテリジェント・ミステリーという新分野を開拓した』『秋山俊少将(陸軍中野学校の生みの親)の精神が憑依している』とまで言わしめた緻密なストーリー構成は本作でも健在です。
シリーズものはややもすると、回を重ねるにつれてパワーダウンてゆく作品が少なくないですが、本作は逆に1作ごとに作品に深みがまし研ぎ澄まされて行く感があります。

短編の中に濃密に圧縮されたストーリーの切れ味は、宮部みゆき作品にも劣らない、ほれぼれするような完成度です。

私が最も興奮したのは収録第3話の『追跡』。
タイムズ紙特派員プライスがD機関の取材調査を開始、ついに結城中佐の幼少期を解き明かす……!?
おっとこの先は本書を読んでのお楽しみw

次回作はいよいよパールハーバー以降の戦時下へ突入となるのでしょうか?
読み終えた途端に次が早く読みたくなる傑作ミステリーでありました。
読後の感想・おすすめ度⇒★★★★★ (今のところ今年のエンタメ小説№1)   

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:0 ━ 22:19:56 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/43-29cf72ea
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next