== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

50年ぶりの復刊!『近代日本の文学史』伊藤整

昭和33年(1958年)に光文社のカッパブックスの一冊として刊行されて以来、ながらく絶版状態だったものが、実に50年ぶりの復刊!となりました。今度の出版元は、知る人ぞ知る、吉祥寺で島田潤一郎氏がたった一人で切り盛りされている小さな出版社、夏葉社です。

近代日本の文学史近代日本の文学史
(2012/04/20)
伊藤 整

商品詳細を見る
伊藤整&カッパブックスといえば『文学入門』の方はタイトルだけは知っていたのですが(読んだことありません、恥ずかしながら…)同じカッパブックスでこのような本が出版されたいたとは全く知りませんでした。

本書を読んだ印象として、明治期迄を扱った第9章までと大正期以降の10~16章とで、ややニュアンスの違いを感じました

前半部分については著名な翻訳家でもであった著者が、英文雑誌JapanQuarterlyに日本文学の紹介として連載したものを日本人読者向けに書き改めたものである為、かえって現代の我々には非常にわかり易い文章になっています。
江戸期から始まり、幕末明治の混乱期、坪内逍遥や二葉亭四迷の黎明期を経て漱石、鴎外の時代へと向かう内容は、実に面白く、文学史というより、歴史物語として十分楽しめます。
単に各人の作家その人についてだけでなく互いに受けた影響について、時間軸の縦糸と同時代人の交流を横糸として織りなす文壇模様がくっきりと浮かびあがってくるサマには、ある種のワクワク感さえ覚えます。


山口昌男のいうところの“知のネットワーク”のような、明治期の文士のネットワークが俯瞰できるわけです

さて後半部分については、帯の背にある“文学の教科書”というコメントがぴったりの内容。
作家と作品について淡々と網羅的に述べる傾向が強まり、文学史のインデックスとしての様相を示します。


これは、大正期以降の大衆文化の勃興による作家の大量出現のみならず、著者自身が序文で述べている様に、本書執筆時点では大正期以降の作品への評価が未だ不安定であった為、独断を避け網羅的方法をとった、という事らしい。
したがって、正直言って、前半と違い物語として読み進めるのは少々苦しい内容ではあります。


しかし、斜め読みでも、自分の知らなかった作家や作品に巡り合える楽しさは、味わえます。
私の場合、横光利一についてほとんど何も知らないことに気づかされたので、今度彼の『機械』を読んでみようと思います。
また、戦前の文学というと、高校あたりの日本史教科書の刷り込みがきいているので、例えば…
幸田露伴=紅露時代=明治の人みたいな紋切型名的認識しか持ってなかったのですが、幸田露伴って晩年の傑作と言われる『連環記』という作品を発表したのは、昭和15年!だったんですねぇ。ビックリ!
というような意外な発見もあるはずです。


本書が長い間復刊されなかったことについて、巻末で荒川洋治さんが、記述が1958年で終わっている為であろうが、実質的文学史がここでひとまず終わったと見る人には十分であろう、と述べていますが、全く同感です。
1960年代以降になると、純文学、中間小説、大衆小説といったジャンル事体が溶解して行き、近代というより現代と認識されると思うので…。


ともあれ、こうした名著を復刊された夏葉社さんのセンスと勇気に拍手を送りたいと思います!パチパチパチ
読後の感想・おすすめ度⇒★★★  (文学フリマを覗くような人は 必携!) 

┃ Tag:近代日本の文学史

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 21:46:44 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/49-d3328d94
まとめtyaiました【50年ぶりの復刊!『近代日本の文学史』伊藤整】
昭和33年(1958年)に光文社のカッパブックスの一冊として刊行されて以来、ながらく絶版状態だったものが、実に50年ぶりの復刊!となりました。今度の出版元は、知る人ぞ知る、吉祥寺
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。