== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

オーデュボンの猫?『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎

 伊坂幸太郎の最新作!
オビによれば10冊目の描き下ろし長編小説なんだそうです。あれ?もっとあった様な気もするんだけど…。


夜の国のクーパー夜の国のクーパー
(2012/05/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
私にとって、伊坂幸太郎とは、作品によって好き嫌いの分かれる作家なんですね。
『オーデュボンの祈り』ゴールデンスランバーとかは好きな作品で、『ラッシュライフ』『陽気なギャングが地球を回す』とかは、イマイチ入り込めない感じがしました。


さて本作は、仙台からつり船で出航した男が難破してたどり着いた異世界は、猫が人間の言葉を話す不思議な国でした…という舞台設定になっており、物語は猫のトムのモノローグから始まります。
伊坂ファンなら、いやがうえにもデビュー作『オーデュボンの祈り』を思い出してしまうところでしょう。あの島でしゃべるのは、猫ならぬ案山子でしたよね。
という訳でおなじみの人型シルエットも今回は猫と男の2パターンが出てきます。


舞台となる国は、中世都市を思わせるような防壁に囲まれた小さな小さな街で、そこに暮らす支配者、冠人、酸人と、被支配者である善良なる住民が暮らしている。そこへ戦勝国として鉄国の占領軍が支配者として乗り込んでくる。
並行して猫に駆られる存在の鼠と、鼠を狩る立場の猫の対話の話が語られ、
全体のバックには、杉の木が変異して動き出す化け物クーパーと、それを倒す為のクーパーの兵士の物語が、伝説の様に挟み込まれていく。


例によって伊坂ワールド独特の、個別の要素を組み合わせてゆく鮮やかさはありますが、今回は時間軸をつかった細かな伏線の展開といった手法は、殆どとられず、かなりオーソドックスに(伊坂幸太郎にしては)ストーリーは展開して行きます。

最後の方にはちゃんと読者を楽しませてくれるヒネリも入っていて、
国家・支配・権力といった重たいモチーフを軽やかな文体でエンターテイメントにしてしまうところは、さすがであります。


物語としては面白い…。
でもでも、正直『オーデュボンの祈り』を読んだ時の様なワクワク感はあまり感じられませんでした。
おそらく、小気味よいテンポ感がない事と、とラストの盛り上がりがもうひとつ…と感じたためだと思われます。
まあ完全に個人の好き嫌いの問題でしょうが。


そうは言っても、読みやすく且つ読み応えのある長編小説にまちがいありません。
特に伊坂ファンなら絶対読むべき一冊!と太鼓判が押せるのでした。
読後の感想・おすすめ度⇒★★ ★ ★(猫好きの方にもオススメです!)

┃ テーマ:読んだ本 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 23:35:15 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/52-2b425156
「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎
この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお...
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。