== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

美術界の内幕が垣間見える『楽園のカンヴァス』 原田マハ

『カフーを待ちわびて』『ランウェイ☆ビート』などの話題作を発表してきた著者の最新作は、山本周五郎賞を受賞をした、またまた話題の作品です!

楽園のカンヴァス楽園のカンヴァス
(2012/01/20)
原田 マハ

商品詳細を見る
原田宗典さんの妹でもある著者。もともと作家をめざしていたのかな?などと勝手に思っていたのですが、さにあらず元々キュレーターとして活躍されMoMAに勤務していたこともあったのですね。

本作ではそんな著者の経験と知識がいかんなく発揮された、絵画をめぐるミステリー…。
ストーリーの中心となるのは、アンリ・ルソーの「夢」という作品。


日本人にとってルソーの絵ってなじみ深いですよね。だって美術の教科書に「眠るジプシー女」とか「蛇使いの女とかが載っていたりするじゃないですか。子供心にも、ルソーの絵って想像力を掻き立てる様な力があって、印象に残るんですよね。ファンタジーさと物語性が日本人好みとでもいいましょうか。
私もご多分に漏れず、ルソーを知ったのは美術の教科書で、初めて現物を見たのはMoMAの改修工事中に、作品を借り上げて上野でやったMoMA展の時です。


さて、本作の話の始まりは、まさにMoMAの改修に合わせてルソーの作品を日本に借り出そうとしている2000年の日本から始まります。
日本の美術館の実情やMoMAのキュレーターの日常など、我々が知らない様な業界ネタもあって一気に話に引き込まれて行きます。

ストーリーの中核は、回想として遡る1983年のスイス・バーゼルが舞台。
伝説のコレクターが所有するルソーの夢と瓜二つの作品「夢を見た」の真偽の鑑定をめぐって早川織江とティム・ブラウンの2人が対決するという展開。しかし鑑定対決といっても作品をルーペで観察して…というのではなく、作品とルソーについて書かれた、創作とも真実とも判別のつかない7章からなる物語を読んで判断を下すというもの。
史実に基づいて描写されるルソーの製作過程のお話は、ピカソアポリネールといった実在の人物が登場する、なかなかリアルな展開で、“謎”にグイグイ吸い寄せられる快感が味わえます。
ラストの方は、ちゃんと読者を楽しませてくれる、ドンデン返しも用意されており、素敵なエンタメになっています。山本周五郎賞にハズレナシ!という訳ですね。


なんですが、ただ正直なんというか、私的にはストーリーに没入できない面もあったことは事実です。謎の設定の素晴らしさと重厚さに比べて、登場人物の感情変化がやや唐突というか平板というか…。対立してたかと思うと、なんか急に親切になっちゃったり、ぇもう恋しちゃうのか?みたいな…。
韓流ドラマを見た時に感じる様な違和感を若干感じた次第です

つまりこれは私が単にオジサンだから!という事かもしれませんw

ラストに向かって甘いラブストーリーの感じが強まっていくので、女性向きなのかも知れません。

なんだかんだいっても、20世紀初頭パリの美術界の熱気と現代美術界の欲望が絡み合う展開は十分読みごたえがありますので、ぜひご一読を!
読後の感想・おすすめ度⇒★★ ★ ★(美術ファンもそうでない方も楽しめる!)

┃ テーマ:最近読んだ本 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 22:25:25 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/53-3c17bb44
まとめtyaiました【美術界の内幕が垣間見える『楽園のカンヴァス』 原田マハ】
『カフーを待ちわびて』や『ランウェイ☆ビート』などの話題作を発表してきた著者の最新作は、山本周五郎賞を受賞をした、またまた話題の作品です!楽園のカンヴァス(2012/01/20)原田
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。