== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 小説・エッセイ ==

ベタな青春小説!でも・・・『ぼくたちのアリウープ』五十嵐貴久

2005年のロケットボーイズなど、高校生の青春物も手掛けてきた五十嵐貴久の最新作は、高校のバスケットボール部が舞台。

ぼくたちのアリウープぼくたちのアリウープ
(2012/04/10)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る
主人公、斉藤順平は、バスケがやりたい一心で、無理目の文武両道の私立高を受験し、奇跡的に合格。しかしバスケ部は3年生の起こした暴力事件で一年間の対外試合禁止処分状態になっていた!おまけに2年生部員からは自分達以外は信用できないから、誰も入部は認めないと宣言され、わずかな入部希望者も雲散してしまう。

あきらめられない順平は残った入部希望者、ツルと供に2年生部員との試合での対決を申し込む!試合に勝ったら正式な部員として認めてもらう約束を取り付ける2人だったが、あと三人以上のメンバースカウトは難航。
約束の8月31日の試合に勝てるのか?


という、ベタな…、あまりにもベタな青春小説!
しかも集まってくる新入部員のダメダメぶりとかもふくめ、読者の期待を裏切らない、完全なる予定調和のスートーリー展開!


しかし、なぜだか読んでいて楽しい…。
あさのあつこの青春物を彷彿させる爽やかささえ感じられるのはディテールの上手さか?


例えていうなら、水戸黄門や暴れん坊将軍といったベタな時代劇を見ている時に、予定調和なストーリー展開よりも、印籠の出し方のシチュエーションや殺陣や役者の演技に目が行く様な感じ…でしょうか。
読者の興味がストーリー展開よりも、キャラクターの面白さやバスケの試合展開のディテールに向かうからでしょう。

体育館でのバスケシューズの軋みや、ボールのバウンンドの音、プレーヤーの息遣いが感じられる、描写が秀逸でついつい引き込まれてしまいます。

この辺は五十嵐貴久の青春小説の上手さを感じてしまいます。

ともあれ、読んで楽しいベタベタ青春スポーツ物です。気軽に読めるエンタメとしてお薦めです。
読後の感想・おすすめ度⇒★★★(青春小説がおすきな方にはオススメ)

┃ テーマ:読んだ本の紹介 ━ ジャンル:本・雑誌

┗ Trackback:1 ━ 20:28:56 ━ Page top ━…‥・

== Trackback ==

http://sekusi2.blog.fc2.com/tb.php/55-990411d9
「ぼくたちのアリウープ」五十嵐貴久
文武両道の超名門私立校・国分学園に奇跡的に合格、憧れのバスケ部に入部届を出したジュンペー。ところが、3年生が不祥事を起こして1年間対外試合禁止、とばっちりを食った2年生は「入部は認めるが、何もするな」と1年生の練習参加を拒否する。でも、クラスの平均点を下げに下げる「バカ王」ジュンペーには、もうバスケしかない! 1年はバスケ推薦で入学したツルとジュンペーの2人だけになるが、練習に加えてもらう...
 
 ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。